遊戯王初期

千眼の魔術書の未開封BOXの相場や高額カードは何?

 

発売日 2000年12月14日
名称 Thousand Eyes Bible -千眼の魔術書-(サウザンド・アイズ・バイブル)

 

20世紀最後の遊戯王パックとなった。型番省略は「TB」。

 

アルティメットレアが初登場したパック。

 

他にも連続攻撃、星4で攻撃力2000以上のモンスターなども収録されている。

 

2018年時点だと、BOXでも1万円ほどで購入できたが、2022年現在だと4万円以上に高騰してきている。

 

メルカリでは4万2000円の出品が確認できた。

 

 

出回りもまだ比較的に多く遊戯王のBOXの中では安い方の部類といえる。

 

封入カードは高額カードはあまりないが、サウザンドサクリファイスのレリーフの美品鑑定10になれば3万以上でも取引できる..かもしれない。

 

高額カード

 

サウザンド・アイズ・サクリファイス(TB-34)

 

 

記念すべきOCG初のアルティメットレア(レリーフ)となったカード。レリーフ以外にもウルトラ、パラレル使用も同時収録されていた。
2022年時点の相場は、レリーフが約8000円、パラが800円、URが300円程度。

 

導ギガサイバー(TB-50)

 

 

ウルトラ&パラレルを収録。
あまり人気のないカードで現在でもどちらも100円でも入手できる。

 

シフトチェンジ(TB-17)

 

 

ウルトラ&パラレルを収録。
若干パラレルのほうが高いがそれでも300円で購入できそう。

 

鉄の騎士 ギア・フリード(TB-51)

 

 

レアリティはSRだが、上記のパラレルと同じくらいの値段。
原作では城之内が使用。

 

 

伝説のフィッシャーマン(TB-26)

 

 

こちらもSRだが駿河屋で現在400円とSRにしては高め。
原作では梶木漁太から城之内へ渡る。

 

千眼の邪教神 TB-33

 

 

ノーマルカードではあるが、封入率の低いノーマルレア。
駿河屋だと200円。

 

 

レア

 

・道連れ(TB-01)

 

・白兵戦(TB-04)

 

・ワーム・ホール(TB-19)

 

・誘惑のシャドウ(TB-25)

 

・暗黒の眠りを誘うルシファー(TB-32)

 

・虫よけバリアー(TB-52)

 

前回

アヌビスの呪い

次回

仮面の呪縛(スペル・オブ・マスク)

---スポンサーリンク---