遊戯王初期

遊戯王OCG初期カードコレクションズ〜はじめに〜

 

最新更新日:2019.6.20

 

当サイトは遊戯王カード初期〜2期まで対象のコレクション向けサイトです。

 

3期以降でも初期カードの復刻版(ブルーアイズなど)がたくさん出ているので、その手カードは限定的に3期以降でも紹介していきます。

 

基本的には昔のカードが対象というコンセプトです。(それが管理人のコレクションスタイルでもあります)

 

これからコレクションを初めてみたいと思っている方や、昔のカードの現在の価値など気になっている方へ向けて少しでも参考になればと思います。

 

 

遊戯王OCG年表

 

〜1999年〜

 

2月4日

「Vol.1」 発売.。記念すべき最初のパック。パックの表紙はコミックス5巻と同じ。

 

3月18日

「スターターボックス」 発売。デュエルフィールド、電卓などセットとなっており、デッキが組まれているのですぐにプレイ可能。

 

3月27日

「Vol.2」 発売。パックの表紙イラストは闇遊戯と城之内。

 

5月27日

「Vol.3」 発売。パックの表紙イラストは闇遊戯と海馬瀬人。

 

〜5月〜

「リミットエディション遊戯・海馬・城之内」3パック発売。ジャンプで応募者全員対象のプレゼント企画で発売された。切手を送る必要があった。

 

7月22日

「Vol.4」 発売。パックの表紙イラストは闇遊戯とペガサス。

 

9月23日

「Vol.5」 発売。パックの表紙イラストは闇遊戯とシャーディー。

 

〜9月〜

「プレミアムパック」 発売。GB版ゲームソフト遊戯王Uの大会会場限定で発売されたパック。

 

11月18日

「Vol.6」 発売。パックの表紙は闇遊戯と孔雀舞。

 

12月16日

「EX」 発売。遊戯と海馬のデッキが組まれており、すぐに2人でデュエルができる。ブルーアイズとブラック・マジシャンの絵柄違いは当時話題になった。

 

12月18〜19日

「プレミアムパック2」 発売。ジャンプフェスタの会場で限定販売されたパックだが、後にダークセレモニーエディションという同じカードが封入されるパックが発売された。

 

 

 

〜2000年〜

 

1月27日

「Vol.7」 発売。パックの表紙は闇遊戯とバンデット・キース。1期最後のパックとなった。

 

3月30日

「ダークセレモニーエディション」 発売。プレミアムパック2と同じカードが入手できるパックが一般発売された。さらに4枚のカードが追加されている。発売日的にはダークセレモニーが1期最後のパックとなる。

 

4月20日

「魔法の支配者」 発売。2期最初のパック。以降は遊戯のみが表紙となる。パックの色は魔法カードをイメージしてか緑色となっている。

 

〜5月〜

「リミットエディション2」 発売。ジャンプの応募者全員サービスのパック。今回は遊戯、城之内、キースの3パック。

 

5月18日

「青眼の白龍伝説」 発売。1期の再録パック第一弾。ブルーアイズが収録されている。

 

7月13日

「ファラオのしもべ」 発売。トゥーンモンスター中心のパック。2期の第二弾。

 

8月10日

「幻の召喚神」 発売。1期の再録パック第二弾。幻の召喚神とはエクゾディアのことである。

 

「プレミアムパック3」 発売。幻の召喚神と同時発売されたパック。中身は過去の限定カードで、パックの表紙にもなっているアルティメットドラゴンなどが収録されている。

 

9月28日

「アヌビスの呪い」 発売。 2期の第三弾。サイコショッカーを収録。

 

10月26日

「暗黒魔竜復活」 発売。1期の再録パック第三弾。ブラック・デーモンズ・ドラゴンが看板カード。

 

11月23日

「EX-R」発売。 EXに新エキスパートルールを分かりやすく説明したビデオが付属していた。

 

12月14日

「千眼の魔術書」 発売。2期の第四弾。OCGで初となるアルティメットレアが収録されたパック。

 

12月23日

「プレミアムパック4」 発売。ジャンプフェスタ会場で発売された後、一般販売もされた。ブラック・マジシャン・ガールのReplicaが入手できる。

 

---スポンサーリンク---

 

 

 

〜2001年〜

 

2月22日

「鋼鉄の襲撃者」 発売。1期の再録パック第四弾。再録パックの最後となっておりVol6とVol7のカードを再録。

 

4月19日

「仮面の呪縛-スペル・オブ・マスク-」 発売。2期の第五弾。ブルーアイズのレリーフを収録。今では高騰しており2万以上はする。

 

〜5月〜

「リミットエディション3」 発売。 ジャンプの応募者全員サービス企画。遊戯、海馬、城之内の3パック。

 

6月28日

「ストラクチャーデッキ遊戯編」 発売。原作で遊戯の使用しているメインカードが入手できる。OCG初の単体デッキ発売となった。

 

7月12日

「悪夢の迷宮-ラビリンス・オブ・ナイトメア-」 発売。2期の第六弾。ブラック・マジシャンのレリーフを収録。

 

8月30日

「ブースタークロニクル」 発売。ガチャガチャ専用だったブースターを再録しているパック。

 

9月20日

「闇を制する者-ストラグル・オブ・カオス-」 発売。2期の第七弾。初期レリーフカードはデーモンの召喚を収録。

 

10月25日

「ストラクチャーデッキ城之内編」 発売。 遊戯編に続き城之内編も登場した。おまけでサイコロもついてくる。

 

 

11月29日

「蘇りし魂-ミサラジカル・エイジ-」 発売。2期の第八弾。初期レリーフカードはブラック・デーモンズ・ドラゴン。

 

12月22日

「プレミアムパック5」 発売。PS版ゲームソフト「封印されし記憶」の購入特典カードが復刻されたパック。

 

 

 

〜2002年〜以降のパック

 

ここからは初期カードも少なくなってくるので、当サイトで紹介している一部パックのみを紹介します。

 

 

2002年3月21日

「王家の守護者-ァラオニック・ガーディアン-」 発売。 2期の第九弾。2期最後のパックとなる。初期カードのレリーフは暗黒騎士ガイアとなっている。

 

 

〜ストラクチャーデッキ〜

 

2002年1月24日

「ストラクチャーデッキ海馬編」 発売。 遊戯、城之内に続き海馬編も登場した。ブルーアイズデッキ中心のカード構成となっている。

 

2002年3月21日

「ストラクチャーデッキペガサス編」 発売。ペガサス編はトゥーン・ワールドの効果が変わりトゥーン系モンスターが一気に使いやすくなった。

 

2003年5月22日

「ストラクチャーデッキ遊戯編2」 発売。孔雀舞やキースなどの上位デュエリストのデッキが出ると思いきや、再び遊戯のデッキが約2年ぶりに登場となった。

 

2003年8月7日

「ストラクチャーデッキ城之内編2」 発売。遊戯の2が出たので城之内や海馬も出ると思ったがやはり出た。サイコロやコインを使うイチかバチか要素が強い。

 

2003年12月11日

「ストラクチャーデッキ海馬編2」 発売。前回の海馬デッキよりもブルーアイズの中心度は下がっているが、相変わらずドラゴン族押しが強いデッキ。

 

2004年3月25日

「ストラクチャーデッキマリク編」 発売。 ペガサス同様に原作ではラスボスキャラだったためかデッキが発売された。ただマリクデッキは少し実戦では使いにくいカードが多い。

 

 

〜デュエリストレガシーシリーズ〜

デュエリストレガシーは3期になって入手が難しくなった2期のカードを再録したパックとなっています。

 

2期の『青眼の白龍伝説』(2期で1期を再録)などと同様だが、2期の1期の再録パックの再録もあるため、3期のデザインで1期のカードが中心のパックもある。デュエリストレガシー2に関しては完全な再録パックの再録パックとなっている。

 

 

2002年6月20日

「デュエリストレガシー」 発売。 再録以外では「ビックシールドガードナー」「黒衣の大賢者」の2枚が封入されていた。

 

2002年8月22日

「デュエリストレガシー2」 発売。 ブルーアイズ、レッドアイズ、ブラック・マジシャンなどメジャー初期カードを多数収録している。

 

2002年12月12日

「デュエリストレガシー3」 発売。 2期の「千眼の魔術書(4弾)」「仮面の呪縛(5弾)」「悪夢の迷宮(6弾)」の再録パック。

 

2003年1月23日

「デュエリストレガシー4」 発売。 初期カードだとVol6、Vol7のカードが収録されている。再録の再録という感じ。

 

2003年4月24日

「デュエリストレガシー5」 発売。 デュエリストレガシーシリーズ最後のパックで再録は2期の第7〜9弾のパック。さらに1枚「究極完全態グレート・モス」も封入されていた。

 

---スポンサーリンク---

 


トップページ 第1期パック一覧 第2期パック一覧 免責事項