遊戯王初期

遊戯王VOL7 逆に未開封が高騰しそうな不人気シリーズ

 

発売日:2000年1月27日

パッケージのイラストは遊戯&バンデット・キース。

 

表紙のキースに合わせて機械族のオリジナルモンスターが多い。

 

「聖なるバリアミラーフォース」が唯一初期シクパラで収録されている。

 

バンデット・キースの「リボルバードラゴン」も収録されており、初期パックでは珍しく表紙と封入が一致するパックでもある。

 

 

内訳

 

 

シークレット&パラレルレア 1枚

 

聖なるバリア ミラーフォース

 

 

 

Vol.7の唯一のシクパラ枠。
2018年時点で1000円ほど。
2022年現在も、そこまで上がってはいないが、初期パラは駿河屋ランクAで2180円とやや高くなっている印象。

 

 

ウルトラレア 3枚

 

左から「右手に盾を左手に剣を」「リボルバー・ドラゴン」「双頭の雷龍(そうとうのサンダー・ドラゴン)」

 

このあたりは2022年現在でも比較的リーズナブルで購入できる。どれも1000円あれば並品ならばGETできるだろう。

 

 

スーパーレア 4枚

 

・異次元の戦士

 

・薄幸の美少女

 

・カタパルト・タートル

 

・追い剥ぎゴブリン

 

レア 5枚

・火炎地獄

 

・細菌感染

 

・しびれ薬

 

・剣の女王

 

・サンダー・ドラゴン

 

ノーマル 39枚

・クリボー(ノーマルレア)

 

・アルラウネ

 

・アンモ・ナイト

 

・ウンディーネ

 

・大食いグール

 

・クレイジー・フィッシュ

 

・ケンタウロス

 

・トゥーン・アリゲーター

 

・東方の英雄

 

・呪われし魔剣

 

・プリヴェント・ラット

 

・マーダーサーカス・ゾンビ

 

・闇・道化師のサギー

 

・レインボー・フィッシュ

 

・レッド・エース

 

・アイアン・ハート

 

・幻想師・ノー・フェイス

 

・機械の兵隊

 

・ギガント

 

・巨大な怪鳥

 

・キラー・マシーン

 

・クラッシュマン

 

・ゲート・キーパー

 

・ダーク・キメラ

 

・振り子刃の拷問機械

 

・密林の黒竜王

 

・鎧武者斬鬼

 

・ロイヤルガード

 

・TM−1ランチャースパイダー

 

・雷仙人

 

・ダーク・エルフ

 

・マタンゴ

 

・バーバリアン1号

 

・バーバリアン2号

 

・ミノケンタウロス

 

・迷宮の魔戦車

 

・メカ・ザウルス

 

・『攻撃』封じ

 

・執念の剣

 

Vol7収録のピックアップカード

 

このパックはハズレパックといっても過言でないほどに高騰しているカードがない。

 

当時のプレイ用としても、聖なるバリアとリボルバー以外は微妙なカードが多い。

 

個人的にはスーパーレアの「薄幸の美少女」はお気に入りの一枚である。

 

 

このカードも2022年時点でも300円〜並品が購入できる。

 

遊戯王初期、Vol.7は高騰するかもしれない..

 

 

第一期の最後のパックとなるVol.7はカード的にはハズレカードのオンパレードパックではあるが、未開封のパック、BOXならば現在は高額で取引されている。

 

ただ、需要がないためか、なかなかVol.7だけの未開封はネットでも見つけにくい印象だ。

 

このパターンは逆に高騰する可能性もありそうなので、また数年後に未開封が跳ね上がっていることに期待したい。

 

 

前回

Vol.6

次回

魔法の支配者(マジックルーラー)

---スポンサーリンク---