遊戯王初期

遊戯王スターターパック

 

 

発売日:1999年3月18日

 

記念すべき初の遊戯王カードVol.1が発売された翌月に発売されたスターターボック。

 

パックやブースター(ガチャガチャ)とは違い、購入してデッキがすぐに作れるというのは当時としてはお得感もあった。

 

カード以外にもデュエルをスタートする上で必要なフォールドマットなどのアイテムが付録で付いているのも特徴。

 

 

収録カード

 

 

ウルトラレア:2枚

 

スーパーレア:3枚

 

レア:5枚

 

ノーマル:40枚

 

 

ウルトラレア 全2種類

 

青眼の白龍(ブルーアイズ・ホワイト・ドラゴン)

 

 

2018年時点で3000円ほどだったが、2022年現在は駿河屋ランクAで11,400円。
ちなみに、Vジャンプフェスタ1999でのみ入手できた通称シクブルは348万円で販売中。
0を1つ見間違えた

 

炎の剣士

 

 

 

炎の剣士は初期カードで絵柄が2パターンある珍しいカード。
もう1つは公式ガイドスターターブックの付録で付録の方がやや高い。
スターターの方が2022年時点で700円ほど。ガイド本の付録の方が約1200円。

 

 

 

スーパーレア 全3種類

 

・融合

 

・サンダーボルト

 

・山

 

フィールドカードでなぜか山だけがスーパーレアだが、おそらくブルーアイズの強化が可能だからという理由なのだと思われる。
ちなみに、2期で再録される際にはしっかりと字レアに昇格している。

 

レア 全5種類

 

・森
・荒野
・草原
・海
・闇

 

山以外のフィールドカードが字レアで収録されている。

 

ノーマルカード 全40種類

ウォー・アース

 

仮面道化

 

キーメイス

 

北風と太陽

 

キング・スモーク

 

悟りの老樹

 

ジャグラー

 

シャドウ・ファイター

 

スティング

 

スリーピィ

 

ダーク・プリズナー

 

チェンジ・スライム

 

二つの口を持つ闇の支配者

 

月の女神 エルザェム

 

デビル・スネーク

 

デビルツムリ

 

伝説の剣豪 MASAKI

 

時の魔人 ネクロランサ

 

なぞの手

 

昆虫人間

 

ヘルバウンド

 

炎を操る者

 

マウンテン・ウォーリアー

 

マグマン

 

魔人銃

 

ミラージュ

 

モンスター・エッグ

 

モンスタートル

 

緑樹の霊王

 

ルート・ウォーター

 

ワイト

 

暗黒火炎龍

 

フュージョニスト

 

フレイム・ゴースト

 

炎の騎士 キラー

 

ファイヤー・ボール

 

モウヤンのカレー

 

罠はずし

 

ドラゴン族・封印の壺

 

はさみ撃ち

 

99年の劇場限定発売版との違い

 

 

発売日:1999年3月6日

 

スターターボックスには「劇場限定発売版」が存在しており、2週間ほど早く発売されていた。

 

通常版とは箱の見た目がシール付きかどうかで違うのと、収録カードも5枚違いカードがあった。

 

さらに予約特典として「エルフの剣士」のスーパーレアがついている。

 

通常版とは違う5枚のモンスターカード

 

・アクア・マドール

 

・地獄の裁判

 

・13人目の埋葬者

 

・深淵の冥王

 

・タートル・タイガー

 

カード以外の収録アイテム

 

スターターボックスにはカード以外にも色々なアイテムが収録されていた。

 

以下収録されていたアイテム一覧

 

・オリジナルケース(カード50枚入り)

 

・デュエリストファイル1冊

 

・スターチップ×6

 

・デュエルスコアシート50枚

 

・デュエルカリキュレーター(電卓)1個

 

・デュエルフィールド1枚

 

・公式ルールブック 1枚

 

未開封の場合

 

初期の遊戯王カードは現在パック1つにしても当時の20倍ほどの値段になっている。(2018時点)

 

スターターボックは当時3500円で発売されたが、2018年現在だとその価値は10倍以上になる。

 

さらに未開封となると10万円超えの取引も多く見られる。

 

アップグレード情報

 

※追記

 

当時の相場価格を調べた2018年からさらに4年ほど経過した現在(2022年)では、メルカリ、ヤフオクなどでも出品自体が減っている印象を受ける。

 

メルカリでは、開封後のみ未使用のスターターボックス完品が18万円で即完売していた。

 

俺様価格的に40〜50万円での出品も目立つが、さすがにほとんど売れてはいない模様。

 

今後、5年10年するとますます価格が高騰していきそうな予感がする。

 

---スポンサーリンク---